一度フリーターになると抜け出すのは難しいというのは間違い

フリーターが原因ではなく、フリーター気質になることが原因

世間的に言われるのは、一度フリーターになるとそこから抜け出して就職するのは、至難の業であり難しい事だとされていますが、それは間違いです。
フリーターになったから就職できないわけではなく、「フリーター気質」になってしまってその生活から抜け出すことを諦めてしまうから抜け出しにくいのです。

それはフリーター本人が就職は難しいという思考回路になってしまうことにありますが、根本は小さい頃からの親や学校教育などによる刷り込みが原因だと考えられます。
その証拠に、フリーターでも野心旺盛な若者の多くは希望する企業へ就職するなり、自分で起業するなどしっかりと働いている人がいます。

「そんな事を言っても新卒よりは就職しにくいよ!」って言います、確かにその通りですが昔に比べると第二新卒やその後のフリーターの就職事情は改善していると言えます。
何が何でも就職できない世の中ではありません、しっかりと貴方自身を分析して希望する職種をとことんまで研究すれば道は自ずと開けて行きます。

しかしフリーター気質になってしまうと、それが格段に難しくなってしまいます。
1年何もしなかったら、就職できる確率は半分以下に落ちると言っても良いでしょう、にも拘らずフリーター気質になると、平気で数年も転々とアルバイトしながら遊んでしまう
そういう生活を送ってしまうのです。

そんな生活をしていてはダメだという意識はあっても、それを何とかしようとは思わない。
思考停止に陥ってしまうことが、何より抜け出しにくい環境を作り上げてしまいます。
そして最終的には「社会が悪い、就職できないのは自分のせいじゃない」と問題の原因を外に求めてしまうようになります。

フリーターからの離脱は簡単ではなく、苦労もする。けれど難しくはない

フリーター気質になるのは、学生時代からの刷り込みによるところが大きいのはその通りですが、
生活環境がそうさせるとも言われています、生活環境とは朝起きて夜寝るまでのサイクルのことで学生時代頑張ってきたし、就職は失敗したけれど少しは充電期間としてゆっくりするのもいいか、という考えの元で自堕落な生活をしてしまい、いつの間にかそこから抜け出せなくなった状態を指します。

この負の生活環境に陥らないためには、それなりに規則正しい生活を送ってある程度刺激のある生活をしなければいけません。
そのことは簡単なことではありませんし、苦労することもあるでしょう。
しかしよく考えてください、世の中のサラリーマンは毎日規則正しい生活を送って働いています。
ということは、フリーターであっても規則正しい生活をすることは難しい事ではありません。

どうしてフリーターだから自堕落になってしまうと言われるのか、それは単純に自制が利かなくなるそう思われていることと、実際にそうなる人が多いからです。
しかも就職活動しようと思っても採用されないし、応募できる企業も少ないし、希望の職種ではスキルがないと採用されないし等という思考になれば、更に自制は利かなくなってしまいます。

貴方が貴方自身を駄目にしていることに気が付くか、最初からそうならないように努力すればフリーターからの離脱というのは難しくないことが分かるでしょう。
無駄にこだわりが強く、無駄にプライドが高いがゆえに自分を駄目にしていることに、一刻も早く気が付いて対策を講じなければいけません。

フリーターで苦労するのは自分自身との闘いであり、それに打ち勝つ人がその先の夢や目標、そして野心を手にすることができる存在へと進んで行けるのです。